お客様の質問。頭皮のフケについて

ここ数年で客様のお悩みで多いのが、

「最近フケがでるんですが、どうしたらいいですか?」

という質問をよく聞かれることがあります。

本人の口から質問をしてくれるのなら自覚がある分、ましなのかなとも思います。

本人が気づいていなくても頭皮トラブルがあったりする方も多く、そのような方にはこちらからお話させていただいています。

フケの原因とは?

フケの原因を大きく分けると2つあります。

そして、ほとんどの方が乾燥が原因でフケが出ることが多いです。

もう一つの理由は、ただ単に洗ってなくて出る場合。

現代の日本で髪を洗っていない人はほとんどいません。

洗っていないの基準を言いますと2.3日洗ってない。とかではなく、数週間洗ってなくてフケが出てしまう場合がほとんどなのでほとんどの人がこちらには当てはまりません。

 

なので、簡単にフケの原因を伝えると、

乾燥が原因です。

 

頭皮も、顔と同じ皮膚なので乾燥のし易さや皮膚の具合って実は同じだったりします。

細かく言うと、皮膚表面に存在している細菌の数や種類が違ったりします。

そしてその頭皮と同じ皮膚で出来ている顔は、ごしごし洗う方ってあまりません。

でも頭皮はごしごし洗う方も結構いたりします。

このゴシゴシも原因になります。

確かに、ごしごし洗った方がすっきり洗えた気がしますし皮脂ってなんとなく頑固な油っぽいですね。

でも、実際は気持ちの問題でごしごし洗わなくても大丈夫なのが現実です。

なので洗い方が1番の原因・・・・・・

 

ではなく、1番の原因は

 

シャンプー剤です。

 

ちなみに、シャンプー剤の主成分の界面活性剤ですが、

これの成分の濃度が強くなると、私たちの生活の中でどんな商品で使っているか知っていますか?

凄く身近にあるものです。

 

それは・・・・・

 

食器洗い洗剤です

 

長ったらしい感じや横文字を使うと訳が分からなくなってしまうので、細かい説明は省略します。

食器洗い洗剤のCMって油汚の中に洗剤を一滴垂らすと、ピーンってなったりしますよね。

1ヶ月くらい髪を洗っていない方とかは食器洗い洗剤で洗えば一発でキレイになります。

話を戻しますが、シャンプーにも洗浄力が強いやつとそうでないやつがあります。

特にメ〇ットなんかは洗浄力が強いシャンプーの代表商品です。

弱酸性と言ってますが実は洗浄力は強い

気を付けてください。

皆さんの認識では、アルカリ性だと洗浄力が強くて弱酸性だと弱いというイメージがあります。

少し科学の話をします。

濃硫酸というなんでもとかしてしまうとても危険な液体なんですが、弱酸性だったりします。

 

実際にも弱酸性のシャンプーでも洗浄力が強いものもあり

日ごろ使う漂白剤なんかでも酵素系もあります。

 

1番の原因はシャンプー剤にあることが分かったので、次にいきます。

 

どんなの使えばよいのか??

これがいい!!

ってのは、一人一人違うので簡単には言えませんし、

ドラックストア―に売っているやつやドンキホーテにどんなのが売っているのかは知りませんが、

1つだけ言えるのが、美容室で売っている専売品はハズレが少ないです

少し、高いのがデメリットですが😨

でも、最近ではインターネットで美容室に売っているシャンプー剤もかなり安く売っていますのでネットで買っていただく事を勧めています

商品説明に肌が弱い人など詳細も書いてあるのでドラックストアーに売っているよりは信用できます。

更に、どれも面倒な方や今使っているやつを使い切りたい方に説明している、

裏ワザが1つあります。

それは、今使っているシャンプー剤を水で薄めて使う!!

洗浄成分が強いなら水で薄く延ばしてしまおう!!!

という事です

 

後は、トニック剤を使う事です。

トニック剤は育毛のイメージがありますが、中に入っている主成分は保湿剤がメインのやつも多く、

頭皮の化粧水みたいな役割になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。